News

2018.12.04
洗濯屋親父のひとり言に「宅配の思い出8」怖い怖い思い出を掲載しました。
2018.12.01
エルメスのカットソーの移染処理を、洗濯屋親父のブログに掲載しました。
2018.11.27
非常に難しい、ダウンコートの染色風景を、洗濯屋親父のブログに掲載しました。
2018.11.24
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、接着剤のシミヌキを掲載しました。
2018.11.10
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、イタリアブランド婦人ジャケットの移染処理を掲載しました。
2018.11.07
トップページに、本年度の日本サービス大賞の受賞者のコンセプトと、昨年度優秀賞をいただいた「リアクア」のニュースを掲載いたしました。
2018.11.06
洗濯屋親父のシミヌキブログに、衣装袖のシミヌキを掲載しました。
2018.11.03
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、シルクネクタイの変色処理を掲載しました。
2018.11.01
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、毛玉取り症候群第3弾を掲載しました。
2018.10.27
バレエ衣装のご対応・洗浄の実際ページに、色の出るリボンの付いた襟のクリーニングを掲載しました。
2018.10.25
洗濯屋親父の独り言に「宅配の思い出 7」を掲載しました。
2018.10.21
リアクア品質への挑戦!!に、段ボールに詰め込む時の品質の大事さを掲載させていただきました。
2018.10.21
VOICEに、セーター肩口のハンガー跡のクレームをいただいたことを掲載しました。
2018.10.15
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、ワイシャツポケット内の汚れ取りを掲載しました。
2018.10.12
洗濯屋親父のシミヌキブログに、衣装袖先のシミヌキと、衣裳クリーニングの具体的対応について書きました。
2018.10.09
トップページに「リアクア」の、冬物とお布団の、出荷風景を掲載しました。
2018.10.07
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、お洋服の復元加工第二弾を掲載しました。
2018.10.06
洗濯屋親父のシミヌキ日記に、オーガニッククリーニングの実際を掲載しました、どうぞご覧下さい。
2018.10.04
オーガニッククリーニングをスタートしました(オーガニック洗剤を使用した、完全手洗いのウエットクリーニングです)。トップページに全く新しいオーガニック洗剤の製造者達のご紹介(FM横浜出演)と、新しいページにオーガニッククリーニングの実際を新しいページ掲載しました。
2018.10.01
VOICEに、チュチュクリーニングの喜びの声を掲載させていただきました。
2018.09.21
ネット宅配クリーニング「リアクア」に、お布団の出荷スタート記事を掲載しました。
2018.09.19
シミヌキブログに、変色したお洋服の復元加工を掲載しました。
2018.09.18
バレエ衣装のご対応、洗浄の実際ページに、チュチュの張りを戻したい!!を掲載しました。
2018.09.18
シミヌキブログに、何がついたかわからないのを、掲載しました。
2018.09.11
染み抜きブログに、カットソーの「色掛け」を掲載しました。
2018.09.09
トップページに「オゾン水で洗うプロの技」を掲載しました。
2018.09.06
VOICEに、朗報です!!を、掲載しました。
2018.09.02
VOICEに「大丈夫です、ありがとうございました」の記事を掲載しました。
2018.08.31
シミヌキブログに「シルクセパレーツの染色」を掲載しました。
2018.08.29
シミヌキブログに、ベルサーチブラウスの移染処理を掲載しました。
2018.08.28
洗濯屋親父のひとり言に「宅配の思い出 6」を掲載しました。
2018.08.26
洗濯屋親父のひとり言に「宅配の思い出 5」を掲載しました。
2018.08.24
染み抜きブログに、泥はねのシミヌキを掲載しました。
2018.08.23
洗濯屋親父のひとり言に「宅配の思い出4」を掲載しました。
2018.08.15
洗濯屋親父のひとり言に、宅配の思い出3を掲載しました。ご興味ある方はどうぞ、少し長いです。
2018.08.12
洗濯屋親父のひとり言に、宅配の思い出2を掲載しました。
2018.08.11
トップページに、夏季休業のお知らせをしております。
2018.08.10
洗濯屋親父のひとり言に「宅配の思い出1」を掲載しました。
2018.08.08
染み抜き日記ブログに、毛玉取り症候群 2 を掲載しました。
2018.08.03
VOICEに、暑くて暑くて、初めてネット宅配を利用した感想を掲載しました。
2018.07.29
洗濯屋親父のひとり言に、バレエ衣装をお取り扱いさせていただいてを、掲載しました。
2018.07.16
洗濯屋親父のひとり言に、大腿骨骨折の体験を載せました、恥ずかしい限りの経験です。よろしければ、どうぞ
2018.06.21
洗濯屋親父のひとり言に、ネット宅配が一つの文化となる日を、掲載しました。
2018.06.21
毛玉取り症候群、ブログに掲載しました。毛玉を見ると取りたくなる、もう病かも知れません(笑)
2018.06.16
お洋服への色掛けを、ブログに掲載しました。
2018.06.13
バレエ劇「アラジン」、ターバンの染み抜きをブログに掲載しました。
2018.06.09
洗濯屋親父の独り言に、カンブリア宮殿放映のネット宅配「リナビス」への感想を掲載しました。
2018.06.07
ブログにシルクドソレイユ様ご衣装のお預かりを掲載しました。
2018.06.01
ブログに、ペンキの染み抜きを掲載しました。
2018.05.27
オーチャードホールの集荷の記事を、洗濯屋親父のブログに掲載しました。
2018.05.26
ウエディングドレスのプレスをブログに掲載しました。
2018.05.23
シルクパンツの血のシミヌキをブログに紹介しました。
2018.05.17
高級ダウンジャケットのクリーニングをブログに掲載しました。
2018.05.16
洗濯屋親父の染み抜き日記に、何が付いたのかを、掲載しました。
2018.05.12
洗濯屋親父の独り言に、お金持って?、エピソード掲載しました。
2018.05.10
洗濯屋親父の独り言に、遠くからお持ち込みいただいた衣装についての独り言です。
2018.05.08
ブログに、男性衣装の染み抜きを掲載致しました。
2018.05.04
洗濯屋親父の独り言に、ある青年に感動をいただいた話を掲載致しました。
2018.04.28
全体浸けこみ漂白をブログ二掲載しました。
2018.04.27
ブログに、古い血の染み抜きを掲載しました。
2018.04.23
ブログに、お客様も何がついたか分からない「シミ」の除去を載せました。
2018.04.22
洗濯屋親父の独り言に、あるクリーニング店の「閉店のお知らせ」を掲載しました。
2018.04.19
洗濯屋親父の独り言に、染み抜きに思うを掲載しました。
2018.04.18
スカートの移染処理をブログに掲載しました。
2018.04.16
白い化繊セーターの毛玉取りをブログに掲載しました。毛玉も汚れの一つ、それが私共の基本です。
2018.04.15
洗濯屋親父の独り言に、昔から言われて来た、雨の日の意外な心理を掲載しました。
2018.04.12
VOICEに、某有名バレエ団様からの、ご納得の言葉を掲載しました。
2018.04.11
ブログに、ウールセーターの変色処理を掲載しました。
2018.04.07
ペンキのシミヌキを、ブログに掲載しました。
2018.04.04
ブログに、学生服に付いたボンドシミヌキを掲載しました。
2018.03.30
「洗濯屋親父の独り言」に、バレエ衣装を扱うようになったきっかけを表しました。
2018.03.30
日焼けした婦人ジャケットの復元をブログに掲載しました。
2018.03.27
ブログに、ウールセーターに付いたワインシミヌキを掲載しました。
2018.03.25
洗濯屋親父の独り言に、桜咲くを掲載しました。
2018.03.23
ブログに、移染処理の様子を掲載しました。
2018.03.22
学校のカーテンの汚れシミヌキをブログに掲載しました。
2018.03.21
洗濯屋親父の独り言に、お彼岸風景を描きました。
2018.03.19
ブログに、シルクブラウスに付いた油絵具のシミヌキを掲載しました。
2018.03.17
ブログにカラー漂白「アゲイン」の実施状況を紹介致します。
2018.03.15
ブログに、セーター袖で変色していた小さなシミヌキを掲載しました。
2018.03.13
白ワンピースに零した、ワインのシミヌキをブログに掲載しました。
2018.03.12
白カットソーの染色を、ブログに掲載しました。
2018.03.11
洗濯屋親父の独り言に、大震災の記事を掲載しました。
2018.03.10
洗濯屋親父の「独り言」コーナーを創設しました。クリーニングの素朴な疑問にもお答えして行きたい、そう思っております。
2018.03.09
ブログに、テーブルクロスのカビ抜きを掲載しました。
2018.03.01
春を感じる季節と成りました、ホームページデザインを変更しました。
2018.02.28
ブログに、衣装のホックから出た錆びの除去を掲載しました。
2018.02.26
テーブルクロスの変色シミの対応をブログに掲載しました、クリックしてご覧下さい。
2018.02.25
トップページに、ネット宅配クリーニング「リアクア」の紹介をさせていただきます。どうぞ、ご覧下さい。
2018.02.23
キャンバス生地バッグの変色処理と洗浄、ブログに掲載しました。
2018.02.14
すみません、バックスキンコートのカビ、取れませんでした。取れないカビ、シミ、掲載して参ります。
2018.02.13
バックスキンコートのカビの除去、前半を掲載しました。
2018.02.09
ベルトの色移りをブログに掲載しました、ご覧下さい。
2018.02.06
クレージイケンバンド様のご衣装お預かりました。舞台・劇団衣装ページに掲載致しました。
2018.02.03
タンス焼けしたスカートの復元を、ブログに掲載しました。
2018.02.01
色掛けの実際を、ブログに掲載しました。
2018.01.30
スカーフに付いた接着剤のシミヌキをブログに掲載しました。
2018.01.29
ウールセーター、袖先変色のシミヌキ、ブログに掲載しました。
2018.01.27
パンツについたマジックのシミ、ブログに掲載しました。
2018.01.26
ヨコハマリブレ ストア様を介して、あの「シルクドソレイユ様」のご衣装お預かりしました。舞台・劇団衣装ページをご覧下さい。
2018.01.24
エリにストーンが飾られているブラウスの変色処理をブログに掲載しました。
2018.01.23
ホームページVOICE欄に、お客様からの感謝の気持ちを掲載しました。
2018.01.22
ウールスカートの移染 涙 (ブログに掲載しました)
2018.01.20
喪服のカビシミ、お客様からのたってのメッセージとは?
2018.01.20
ブログに、錆びのシミヌキを掲載しました。
2018.01.19
トップページに創業物語を掲載しました。一番下の方に掲載していたものを、トップに上げました。興味ある方はどうぞ
2018.01.17
とりあえずHP大賞で、入賞(佳作)致しました。どうか私共のホームページ格闘秘話をご覧下さい。クリックで、ページに飛びます。すみません、佳作は下の方です(*^_^*)
2018.01.17
ネクタイの仕上げ、私共の○秘仕上げをご覧下さい。クリックいただくとブログに飛びます。
2018.01.15
ブログに、ボーダーシャツの変色処理を掲載しました、ご覧に成りたい方は、ここをクリックして下さい。
2018.01.13
もう一度、毛玉取りです。ブログに掲載しました。
2018.01.12
髪染めか! シミヌキ日記に髪染めかも知れないシミヌキを掲載しました。ここをクリックしてご覧下さい。
2018.01.10
意外に落ちない、ワイシャツ襟の汚れ(ブログに掲載しました)
2018.01.09
もう一着、カビの除去をブログに掲載しました。
2018.01.06
カシミアジャケットに付いたカビの除去です。この記事をクリック下さい。
2018.01.01
新年事始めです。シルクネクタイのシミヌキをブログに掲載しました。
2017.12.26
シルクパンツについたシミヌキ、ブログに掲載、この文字列をクリック下さい。
2017.12.21
毛玉も取ります。ブログに掲載しました。
2017.12.20
ブラウスについた血のシミ、ブログに掲載しました。
2017.12.19
ワイシャツ袖先のシミヌキを、ブログに掲載しました。
2017.12.17
トップページにアラジン衣装の洗浄風景を掲載しました。
2017.12.16
オゾン水と高級オーガニック洗剤で、ダウンジャケットを洗いました。
2017.12.13
VOICEに、お客様からのお礼の言葉を掲載しました。
2017.12.12
全体が変色したウールジャケットの復元を、ブログに掲載しました。
2017.12.08
白衣に付いた沢山のボールペンシミの除去、ブログに掲載しました、ここをクリックしてご覧下さい。
2017.12.06
移染除去の実際をブログに掲載しました。ご家庭でも出来る方法も記述しました、挑戦される方は頑張れ!!
2017.12.02
シミヌキブログに、油絵具のシミヌキを載せました。
2017.11.30
ボールペンインクのシミヌキをブログにアップしました。
2017.11.29
ブログに、ガムのシミヌキをアップしました。
2017.11.28
VOICEに、お客様からの、防虫防カビ加工の効果と驚きの声を掲載しました。
2017.11.27
トップページ記事欄に、谷桃子バレエ団様からの白鳥の湖一式のお預かりを掲載しました。
2017.11.27
VOICEに、谷桃子バレエ団様からの喜びの声を掲載しました。
2017.11.26
接着剤のシミヌキを紹介して居ます。
2017.11.24
黄色いシミ(変色)はなかなか取れない
2017.11.21
VOICEに、ネット宅配「リアクア」のお客様のご感想を掲載しました。
2017.11.20
お洋服の袖についた、血液のシミヌキです。
2017.11.19
VOICEに、お客様のありがとうの声を掲載しました。
2017.11.19
クリーニング屋が作った「やさしい洗剤」販売会のご案内です。
2017.11.16
カシミアショールに浮き出て来た古いシミ(お客様のお怒り)
2017.11.15
おしゃれなブルゾン、変色シミの処理をブログに掲載しました。
2017.11.14
自社クリーニング工場をブログで紹介しております。
2017.11.12
VOICEに、○○会様からのお言葉を掲載致しました。
2017.11.12
シミヌキブログに、変色シミヌキの実際をアップしました。
2017.11.12
お客様の声(トップページのVOICEをクリック)のアップ開始しました。だんだんと追加して参ります。
2017.11.08
純粋オーガニック 超高級洗剤の紹介です。
2017.11.06
アルマーニシルクジャケット インクのシミヌキ
2017.11.04
バレエ衣装クリーニングにご縁をいただいて
2017.11.01
ためしてガッテン、皮脂の黄ばみを特集して居ました。
2017.10.31
「白鳥の湖」衣装のクリーニング風景をお届けします。
2017.10.29
オーチャードホールで舞台衣装をお預かりました。汗とドーラン、そしてシルク地、大変ですが経験を生かし綺麗にして行きます。
2017.10.29
シミヌキブログに、オーガニック洗剤を用いたアルマーニジャケットのデモを掲載しました。
2017.10.12
洗濯屋親父のシミヌキブログを開設しました。
2017.06.11
布団クリーニング&無料保管をスタートしました。詳しくは、リアクアホームページへ
2015.05.10
全国ネット宅配クリーニング「リアクア」の認定工場となる

2018年度 日本サービス大賞

リアクアは、2017年度日本サービス大賞「優秀賞」を受賞させていただきました。そのサービスの便利さ新しさを認められた結果と受け取らせていただいております。

https://service-award.jp/result_detail/spring04.html
☆ご興味のある方は、上記URLをスクロールクリック下さい。

2018年度の日本サービス大賞は、三菱地所さんが受賞されました、そして経済産業省賞にヤクルト東京本社さんが選ばれました。そのコンセプトは、健康を人から人へ、でした。このヤクルトさんのコンセプトが、私共「リアクア」に近く共感もさせていただきました。

クリーニングを宅配にて全国展開をして、その宅配を日本の何処か一か所に集めるのではなく、各県にある提携企業がそれをお取扱いするというコンセプト、つまり地産地消という考えが認められたと受け取らせていただきました。

全国にお仲間のクリーニング業者が53社揃い組でスタートした「リアクア」、日本サービス大賞優秀賞をいただいてから早一年が過ぎて、だんだんと、こんなクリーニングの出し方があるのか、こんなサービスがあるのか、使用してみると便利だなあと、そして何て「丁寧」なんだとお言葉をいただいて参りました。

今年のヤクルトさんの、健康を人から人へ、を見まして大変に共感を覚えました。リアクアは、美しさと清潔感を人から人へ、でしょうか、これかもこのコンセプトを大切にしながら、宅配クリーニングを広げて参りたいと誓いました。

リアクア、冬物保管品と、お布団の出荷開始です。

非常に暑かったこの夏もやっと、涼しくなって来ました。体育の日も過ぎて、冬物を送って欲しいとの問い合わせが殺到し始めました。

預かる時より、出荷の方が集中しますね。間違わないように、何度もチェックを入れて、宅急便に渡します。

写真は、宅急便に渡す前の状況です。箱が洋服、袋(丈夫で破れません)がお布団です。

冬物のお洋服が入っている、段ボールです。丁寧さ抜群です。

お布団、出荷待ちです。毎日これくらいの量が出て行きます。

オーガニッククリーニングのご紹介です。

この度私共では、リブレ横浜さん製造の全く新しいオーガニック洗剤を使用した、高級オーガニッククリーニングをスタート致しました。オーガニッククリーニングページに、その実際を載せております。

昨日(10月3日)この、リブレ横浜メンバー三兄弟(通称、洗濯ブラザース)が、FM横浜に出演しました。その時の様子を以下に掲載します。


LIVRER YOKOHAMAの洗濯ブラザーズ
長男 茂木貴史さん
次男 茂木康之さん(クリーニングリブレ代表)
三男 今井良さん
 にお話を伺いました。

洗濯用の洗剤「LIVRER YOKOHAMA」は
ヤシ由来の洗浄成分と化粧品にも使用されている保湿/柔軟成分である
アミノ酸を高濃縮してベストな配合率でブレンド。
洗浄力を高めると同時に、衣類の縮みを防ぎ、柔らかさを与えます。

香料は、精油をベースに洗濯後もいい香りが残るように
化粧品グレードの合成香料を配合し、製品の安定性を向上させています。
敏感肌の方も安心してご使用いただけるナチュラル洗濯用洗剤です。

実際に使ったスタッフによると、
柔軟剤を使っていないのに、洗い上がりがふんわりと柔らかく、
香りもほんのり、とても満足の仕上がりになったとのこと。

香りはビーチ、青りんご、ベルガモット・・・など7種類。
お気に入りの香りを見つけて、また
日本のお水に合わせた洗濯の仕方が詳しく書かれた小冊子も
作られているので、ぜひ、手に取って、一度試してみてください。

どれを買おうか迷ったら・・・
クリーニングリブレでは、
ナチュラルな洗剤を使ったクリーニングのコースが
あるそうなので試してみて下さい!

明日から10/9(火)まで、クリーニングセール
だそうなので、ぜひこの機会に!!

クリーニングリブレ
http://www.0120566929.com/

横浜市都筑区すみれが丘20-2
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

洗剤などオンラインでも購入できますよ!

https://livrer.stores.jp/

FM横浜出演風景です、左側が洗濯ブラザース三兄弟です。

リブレ横浜代表です。

オーガニック洗剤群です、様々な香り、そして生地に応じた洗剤が用意されております。

実際にオーガニック洗いを施し、プレスした背広三つ揃いです、触っていただけないのが残念ですが、フワフワサラサラです。

オゾン水で洗うプロの技

ご自宅でも洗える夏物(Tシャツ類)を、わざわざクリーニングに出す理由・・・それは、

来夏も真っ白なTシャツで太陽の下を謳歌したい!!という願望があるからと受取っております。

私共では、6年くらい前より 、ウエットクリーニングにオゾン水(注1)を使用しております。もちろん、バレエ衣装(注2)にもオゾン水を使用しております。


(注1)以下は、オゾン水の説明をしているURLです、スクロールクリック下さい。

https://xn--kckxbyjs74u.net/ozone-abc/

(注2)このオゾン水がバレエ衣装クリーニングを始めるきっかけでした。


夏物をしまい、翌年の夏前にさあ夏物を出すかと引き出しを開けた時に、襟周りが黄色くなったシャツ類にがっかりした経験は多いかと思います。

さあ、どうしよう!!と、これクリーニングに出したんだっけと、反省しきりと成りますね。

直接肌に触るTシャツ類は、肌から出る汗や塩分、そしてそれらに混じってくせ者である「たんぱく質」が潜みます。

この「たんぱく質」に好んで群がるのが「雑菌」です、たんぱく質は、雑菌の栄養庫で、大好物なんです。

この二つの原因物質を除去出来ないと、半年後に黄色く現れてしまうのです。これは残念ながらドライクリーニングそして普通の水洗いでは、除去しきれないのです。

それを解決したのが「オゾン水」です。

オゾン水と高級アルコール系中性洗剤の混合液で洗う!!、これにより雑菌の除去、匂いの除去、たんぱく質の除去が可能と成りました。 


なんとまあ!!と驚かれること必至、どうかこの機会に夏物はオゾンウエットクリーニングでのプロの技を、どうかお試し下さい。


 

オゾン水の作成を絵にしました。

ネット宅配クリーニング リアクア のご紹介

私共は、2015年5月より、ネット宅配クリーニング「リアクア」を始動開始致しました。

リアクアは、他のネット宅配とは違います。クリーニングするという意味では同じですが、その受け入れ態勢 が根本的に違っているのです。

1.全国の50年以上の歴史を持つ、老舗クリーニング業者が集まってスタートしたものです。 

2.その拠点は47都道府県(沖縄を除く)に有り、工場数は全国53工場に上ります。

3.配送は他のネット宅配と同じ宅配便を使用しますが、お預かりしたお品物が、お客様在住の県から外に出ることは有りません。

北海道で頼んだものが、九州に送られるなんてことは有りません。

このコンセプトとシステム、そして老舗クリーニング業者が立ち上がったことに対して、第一回日本サービス大賞を受賞させていただきました。 


☆リアクアのホームページです、URLをスクロールしてクリック、中程のURLをクリック下さい。

https://www.reaqua.jp/

☆日本サービス大賞ホームページです、URLをスクロールクリック、中程のURLをクリック下さい。

 http://service-award.jp/

ネット宅配は、大事なお召し物を、全く知らないクリーニング業者(またはIT会社運営の場所)に送る訳です。ですから、どんなクリーニング業者が扱うのかは大変重要な問題です。

そのようなお客様のご不安を、少しでも軽減したいことと、本当に良いクリーニングを実感していただきたい、そんな想いに賛同した全国の老舗クリーニング業者が集合しました。

どうか安心してご利用下さい。ご利用には上記URLをクリックしていただくか、ネットで「クリーニングリアクア」とご検索下さい。 

創業物語

大正12年、僅か12歳で丁稚奉公へ出された齊藤香(三共クリーニング創業者)が向かったのは、東京は神田神保町でした。神保町で香(かおる)の叔父が洗濯会社を開いていたのです。当時の洗濯会社を私は知りませんが、今のような設備がある訳でもなく、そこで働くことが「苦労」という文字を遥かに越えていたことは確かでしょう。

12歳と言えば、まだまだ母親恋しい歳です、このような丁稚奉公、この時代では当たり前だったのかも知れませんが、現在では、想像も付かないことです。

これは後で聞いた話ですが・・・、
「私は幸いだったと思う、それはこの会社が神田神保町に有ったことだ、つまり本の山がそこに有ったということ、12歳ではろくな読み書きが出来なかったが、このお山のお陰で、読み書きという山を登ることが出来た」と。12歳の少年は、この回想のように、とにかく「前向き」だったのです。

香が携わった仕事は、手押し箱車による外交(今のクリーニング宅配)だった。大正から昭和の時代、クリーニング店に洋服を出す人なんて殆ど居ない訳で、店で待っていてもお客は来ません。神田界隈のお屋敷を箱車で訪ね歩く、13歳~22歳くらいまで香は、この外交をやり通したのでした。

これが良かったと、これも後日談で語って居ました。そして香は、昭和9年 親方(叔父)の許可を得て独立を果たしたのです。昭和9年にクリーニングで独立をする、それがどんなに冒険で有ったか、しかし一方香は既に、何処に拠点を設けるかは決めて居ました。

それが東京田園調布でした、需要のある所を研究していた香、その材料も「本の山」の中に有りました。渋沢栄一翁が創ったお屋敷街、それが田園調布、ここしか無い!!と思ったと語って居ました、香が24歳の春でした。以上が現在の三共リブレの前身、三共ドライクリーニング誕生の物語です。

写真は、昭和9年に開店した「三共ドライクリーニング商会」です。セピア色の写真ですが、この写真を見る度に私は、齊藤香の苦労の一旦に想いを馳せることが出来ます。

昭和9年に田園調布に香が創業した店です。

現在の田園調布銀杏並木です。

夕焼けの田園調布銀杏並木

駅から放射線状に広がる田園調布町並みです。

バレエ衣装、くるみ割り人形一式をお預かりしました。

谷バレエ様から、バレエ衣装、くるみ割り人形一式をお預かりました。

納期は来年ですので、時間を掛けてクリーニングをさせていただきます。

この時期は寒いので、真夏のような汚れは有りませんが、次にこの衣装をお召しになる後輩達の為に、常にクリーニングを心掛ける谷バレエ様のお気持ちを。しっかりと受け止めたいと思っております。 

オゾン水で、布団の丸洗い&無料保管 (夏布団も受け付け開始しております)

お布団の中に潜むダニ、湿気と汚れを吸いまくったお布団、これは大変気になることと思います。でも、家は布団クリーナーを使っているから、布団乾燥機で乾かしているからと、不安ながらも納得をされて居ませんか?

お布団は洗えます、それも「オゾン水」を使用して(オゾン水については、オゾン水のコーナーをご参考)丸洗いを致します。これは同じクリーニングでも、数少ない私共の技術です。

オゾン水により、ダニと雑菌は死滅します。私共で丸洗いしたお布団は、その匂いを嗅いでいただくと分かるのですが、お布団を購入した時の香りが戻って居ます。

丸洗いしたお布団、そのまま無料で保管を致します。お布団が恋しく成る季節になる前、今でしたら秋の11月頃に、宅配便でお届けを致します。

特に夏布団は、沢山の汗・雑菌の巣となっております。オゾン水で洗ってさっぱりとさせて、保管をする、どうかこれで来年も気持ちの良い夏布団を!!


☆このお布団丸洗い&無料保管は、2015年に、日本サービス大賞優秀賞を受賞した、全国ネット宅配クリーニング「リアクア」で展開しております。

私共は、リアクア神奈川認証工場でございます。

ご興味がございましたら、当ページ上記の流れているニュースの中から、布団クリーニング&無料保管の文字をクリック下さい。

するとリアクアホームページに飛びますので、そこから布団クリーニング&無料保管コーナーへお進み下さい。申し込みの案内が出ております。

オゾン水で丸洗いした、フワフワの羽毛布団です。

私共のオゾン水発生の図柄です、オゾン水をちゃんとお見せしたいのですが、普通の水と何等変わりませんでも、独特の香りが有ります。

布団自然乾燥の風景です。

プロの「プレッシング」技術

クリーニングに何故出すのかとアンケートを取りますと、多くの主婦達が「それはアイロンが大変だから」とお答えに成ります。勿論、洗いも大変です、しかしそれよりも何よりも「プレス」が大変なのです。




今は形状記憶ワイシャツなどが出回り、洗った後干しておくだけでお召しになれますと、うたって居ます。しかし残念ながらそれは何回かの洗濯だけで、10回20回と重ねていく内に、ワイシャツはくたびれて来ます。繊維はいくら形状加工されていても、何度も湿気を帯びる度に、だんだんと緩んで来るのです。


そこでアイロンの登場です、でもこれって大変です、真夏のアイロン考えただけでもゾッとしますね。そして実際上手くプレスするのにはそれなりの手順もあります。ここはプロにお任せ下さい、創業80余年の私共では未だに写真のヤキゴテ(焼きアイロン)を使って居ます。もう殆どのクリーニング屋では、使用して居ません。重さ16ポンド(ボーリングのボールと同じくらい)、なかなか操れないのです。


その焼アイロンでプレスしたデラックスワイシャツが4枚目の写真です(クリックすると拡大画像となります)、重いアイロンは、ワイシャツの表面にツヤを醸し出します

これがヤキゴテです(重そうですねえ、はい、重いです)

ヤキゴテを自在に操る、職人さんです(寡黙です)

焼アイロンのプレス風景です

私共のデラックスたたみワイシャツです。これ結構喜ばれて居ます
お問い合わせ